アコムの限度額を増やすとリスクはある?

キャッシングベスト3

アコムの融資限度増額を行うとリスクはありますか?

アコムの融資限度額を増やすと、当然前よりもたくさんお金を借りられるんですよね?それはとても良いことだと思います。

ただ、こうした限度額増額を行うと、何かリスクとかはないのでしょうか?私は低収入ながらもアコムでお金を借りられた者なのですが、最近は収入も何とか増えてきたので、今後に備えて増額をしようと思っているのです。でもまだまだ収入が余裕があるほどでも無いので、もしもリスクなどが隠されていて、それで返せなくなるのでは…と心配なのです。

だから、この増額に隠されたリスク、リスクが無くとも何があるのかをお答えいただけますか?リスクがあってもさほどでないならこれからも愛用していきたいので、よろしくお願いします。収入に余裕が無い時ほどカードローンは頼りになるんです。

紛失しないならノーリスクだと思います

多少極端な話になるかもしれないっすけど、増額しても紛失したり、無駄使いしないならリスクは無いっすよ。使いすぎに関してはもうどんな限度額でも良い事じゃ無ですし、紛失も同じく自己管理っすからね。ただ、紛失がリスクに繋がるのは『限度額が増えるほど不正利用時の被害も大きくなりやすい』というところからきているっす。紛失しても最悪限度額が最小なら、被害も最小になるというわけっす。

それ以外で言えば、基本的に増額は良いことづくめっすね。アコムの場合はクレジットカードを兼任する事もできるっすから、買い物枠もセットで上がれば凄く使える場面が増えるっす。一枚持っているだけでいざという時の買い物、現金までカバーしてくれるから、本当に文句が無い一枚になってくれるのは確実っす。

あと限度額が増えるとたくさん借りられるだけじゃなくて、金利も下がるかもしれないのは知っているっすか?限度額と金利は繋がっているから、限度額が多いほど金利も低金利になっていくっす。金利は絶対下がるとは限らないっすけど、限度額の増え具合でより下がる可能性が高くなるっす。
(⇒アコムからの金利の引き下げには応じなきゃいけないの?

それと増額のリスクというか、増額審査のリスクなんすけど…この審査を受けた結果、逆に限度額が下がったり、カードが使えなくなったりする事もあるっす。増額審査はその名前の通り審査っすから、今までの利用履歴とかも見返すっす。その時に、問題が少しでもあれば危険っすね。ちゃんと利用しているのなら下がる事は無いかもしれないっすけど、もしも何かトラブルでもあったのなら無理に申請はしないのが吉っす。

アコム融資増額の方法について調べてみました

アコムは主にキャッシング・サービスを提供しています。アコムのキャッシング・サービスは利用実績によらず、収入や他からの借入状況を踏まえて利用限度額が高めに設定されることが多いと言われていますが、収入が上がったり、もう少し利用したいといった利用者のために増額申請を受け付けています。

アコム融資増額はいつでも申し込め、審査が随時行われています。増額審査については、利用時の審査と同様の審査が行われるため、再度、身分証明書や所得証明書、借入状況の申告が必要になります。この内、所得証明については、増額希望額によっては必要ない場合もあるようです。審査で必要な書類のうち、借入状況が特に厳密に審査されるようです。アコムのように消費者金融が現金を直接融資する場合、法律で総所得の3分の1を超えてはならないという貸出制限があります。この制限は貸し出す側の制限なので、審査時に厳密に審査が行われることになります。

個々で、所得の額について勘違いをされている方が多いようですが、法律でチェックしているのは単独の所得ではなく、総所得です。そのため、副業で収入がある、年金収入がある、複数から給与をもらっているなどの場合は総所得で申告すれば、法律での利用制限が緩くなるので審査で有利になることが多いようです。

一番高い収入ではなく、総所得で申告することが重要です。借入希望額が社内規程よりも多い場合は所得証明書の提出が求められますが、その際は、月給の場合は会社の給与明細を数カ月分、もしくは、年末調整の際に発行される証明書など、また、複数の所得がある場合は、確定申告書や市町村が発行する所得証明書を提出することで問題ないようです。

アコム融資増額を受けたい場合は自分の所得と借入状況を踏まえた上で申込むことが重要です。特に借入件数がは要チェックです。借入総額が低くても借入件数が多い場合は審査で不利になることが多いようです。件数が多い場合にはおまとめローンなどで件数を減らすことも検討することをオススメします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 アコム並に借りやすい会社一覧 l アコムキング All Rights Reserved.