アコムでの増額は利用していないと無理?

キャッシングベスト3

アコムで増額してもらうにはカードを使わないとダメですか?

23歳会社員、総務課に所属しています。営業になった場合はお金もたくさん必要になるだろうと思ったのですが、内勤という事でせっかく作ったカードローンもあまり使っていません。まあ使わないに越した事は無いのかもしれませんが…。

それで数年後の話なのですが、海外旅行に行こうと計画しています。数年後というのは婚約者との新婚旅行も兼ねておりますので、ある程度計画的に事を進めています。ですが、このペースだと多少資金が不安なので、カードローンをその時に使おうかなと思っています。でも、その為となると今の限度額のままだと物足りない事になりそうです。

だから限度額を増やしておきたいのですが、この為にはある程度カードを使っていないとダメなのでは?と同僚に言われました。先ほどもお話したように、普段はあまり使っていません。というか使う機会がほぼ無いです。やっぱり使っていないと増額は不可能という事になるのでしょうか?

使っていないと確かに審査には芳しく無いですね

将来を見据えて今のうちに限度額を増やしておく、というのはカードローンの鑑とも言える使い方ですが、普段からの利用が無い人で尚且つこの先に備えたいという人は、少数派ですね。だから普段から使う人ほど増額したがるものですし、そうした人に応えやすいのがアイフルの増額です。

つまり、今のあなたではアコムの増額審査に通るかどうか微妙…という感じですね。(こちらもご参考にどうぞ→アコムの増額審査に通れない理由とは)通らないというわけではありませんが、希望があるかどうかで言えば微妙という意味です。理屈に関してはもう説明済みですが、ちょっとだけ掘り下げていきましょうか。

よく使う人というのは「借金をする事が多いなら金融業者からすると危険人物では?」と勘違いされますが、そんな事はありません。ちょくちょく返済に遅れているなら要注意人物ですし、長期間遅れているならもう貸し付ける事も無くなりますが、何度も使うけど毎回きちんと返す人というのは、金融業者の利益に確実に貢献しているのです。

つまり、アコムからすると使っている人に増額する方が、より多くの利益も期待できるという事で認可します。でも普段使わないのに急に申請してしまえば、アコムとしてはその理由が気になりますし、何より返済能力が分からないせいで判断しにくいのです。普段の利用からの返済というのは、返済能力を測る絶好の機会でもあるというわけですね。

数年後という事で今すぐ申請するよりも、それまでに必要になったら使い、その完済後に申請するのが一番手堅そうですね。

アコム増額してもらうには返済実績と収入証明が必要

カードローンの増額ですが、増額してもらえると、使わなくてもうれしいです。何か有ったときの余裕にもなるから、増額ならと断る理由は無いです。しかし、増額申請となると、カード会社が増額を考えていない所に申し込むわけですから、増額してもらうにはそれなりの条件が必要となって来ます。

アコム増額してもらうには、まずアコムに増額申請を出します。これは電話でもメールでもいいですが、質問をしやすい電話にしましょう。電話すれば収入を証明する物を送って欲しいと要求してきます。それで源泉徴収書や所得証明書を送付して後は審査を待つことになります。当然送ったからといって増額が認められるわけではないけど、送れば今回は駄目でもそのうちにお誘いがあります。

増額の審査が通る基準として、まずは所得が契約より増えていること。増えていないと増額はほぼ無理です。ただ返済の実績があれば増額してもらえる確率が高くなります。逆に所得が増えていても支払いが遅れることが良くあればアウトです。だから増額希望ならまずは支払いからです。

所得は増えている、支払いはきちんとしている、だけど審査が通らなかったという場合は、他から借りて借入限度額を上げたのが原因です。上がって返済可能額が減れば、増額は当然無理です。増額希望ならさらに所得を上げる事です。それでカード会社から増額のお誘いが来て、いざ申請したら却下されるのは他から借りたからです。融資部門はそんな情報は知らないし、審査部が調べてやっと分かりますから、電話を掛けて来る女性はそういうことを知らないで掛けて来ます。でも知っていても掛けて来ます。可能かどうかは審査部が決めることでして、増額のお誘いは営業で掛けて来てますから。

アコム増額してもらうには返済実績と収入証明が必要で、その二つが無いと増額は無理です。しかし、その二つが有っても、他から借りて、もう貸せない状態でしたら、所得が上がって枠が増やせる状態になるまで待ちましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 アコム並に借りやすい会社一覧 l アコムキング All Rights Reserved.