レイク、アコム、アイフル、それぞれの特徴

キャッシングベスト3

レイク、アコム、アイフル、それぞれの特徴が知りたい

大手の消費者金融業者は、広告に芸能人を使い、テレビCM等でも大々的に宣伝していますが、実際のところ何処の業者が良くて悪くて、という違いが分かりません。我々一般人から見たら、たとえ大手の有名消費者金融業者であろうと、名前が違うだけでどの業者も同じじゃないかという印象しか持てないのです。そこで、大手の中でも、特に有名どころのレイク、アコム、アイフルの三社を挙げると、具体的にどういう特徴があってどう違うのでしょうか。教えて下さい。

よく比較対象になる大手三社のスペックは次の通り

・レイク
実質年率は4.5%~18.0%。レイクは新生銀行がバックボーンについているキャッシングカードローンで、その金利も低めに抑えられています。銀行系の安心感のある金融業者です。個人で百万円以下の借入れを受ける場合、担保や保証人が要らないというメリットがあります。また、定職に就いていない無職の方でも、仕事以外での収入がある場合、審査が通るという、受け入れ体制が幅広い業者です。

・アコム
大手きっての老舗で、実質年率は下限が4.7%と、他二社に比べると高い利息だと感じるかもしれませんが、利息幅は大したアドバンテージにはならない(実際のところ、金利の決め方は各社で異なる為)です。アルバイトやパート、派遣社員でも審査が通る、器の広さは公式でも謳っていて、正社員になれない方々の心細い気持ちをサポートしてくれます。迅速な審査と融資速度は大手でも随一ではないでしょうか。

・アイフル
他の各社と違い、銀行系バックボーンを持たない独自の形態で運営しているのがアイフルです。実質年率は他社と差はほとんどありませんが、独自経営だからこそ行える、独自サービスに注目です。中でも、「三十五日サイクル制」という予め決められた三十五日間で、返済期日の前にお金が用意出来れば、前倒しで返済が可能になっているという、面白いサービスを随時展開しているようです。
(⇒アコムとアイフルの会社に見られる違いはどこ?

如何だったでしょうか?一口に何処で借入れするとお得かという事は言えませんが、あなたに合ったあなた向けのサービスが受けられる消費者金融業者で借入れ申し込みをして頂く事が、最善のキャッシングサービスだと思います。

アコムとアイフルのカードローンとレイクのカードローンの違い

アコム、アイフル、レイクと言えば、大手消費者金融の会社名として知られています。消費者金融とは、短期的な利用に向いている商品を提供している金融機関であり、貸金業者に分類されています。現在でもアコム及びアイフルは消費者金融としての業務を継続しており、長所を発揮したサービスを提供しています。(こちらもご参考に→アコムの最初の無利息期間はどのくらい?

消費者金融が提供しているサービスは、個人向けの無担保カードローンが中心です。健康保険証や運転免許証等の身分証明書1点だけで審査に申し込む事が出来るので、審査前の書類の作成等の準備を行う必要がありません。即日融資が中心のスピード審査を実施している事と共に、簡単な手続きで早くお金を借りたいという場面での利用に向いている商品内容です。レイクも似たような性格のカードローンを提供しているのですが、アコムやアイフルの商品とは明確な違いがあります。

レイクは、現在は消費者金融としての業務を行ってはいません。レイクとは新生銀行の個人向け無担保ローンのブランド名であり、銀行本体が行っているカードローンに分類されています。貸金業者の商品とは違い、総量規制という規則が適応される事はありません。銀行の商品に対しては、銀行法という別の法律により規制されているからです。

総量規制とは、貸金業者の商品を対象とした規則で借入総量は年収の3分の1までに制限するという規則です。借り手にとって有利な条件に変更できる借り換えローン等の一部の商品を除いて適用されるので、アコムやアイフルの個人向けの無担保カードローンは年収の3分の1以上の借入が出来なくなっています。しかしレイクは総量規制の対象外であるので、年収により借入が法的に制限される事はありません。

同じような内容と思われがちな無担保カードローンですが、このように消費者金融と銀行の商品には違いがあります。自分の状況に合わせて商品を選択するためには、商品ごとの違いを認識しておく必要があります。
(⇒アコムやレイクなどの大手消費者金融は安全?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 アコム並に借りやすい会社一覧 l アコムキング All Rights Reserved.