アコムとバンクイックの違いは?

キャッシングベスト3

アコムとバンクイックの違いはどこでしょうか

アコムもバンクイックも三菱東京UFJ銀行の取り扱うカードローンかと思いますが、大きな違いはどこでしょうか。また、どちらを利用した方がお得なんでしょうか。金利面やサービス、返済の仕方など色々と違ってくるんでしょうか。

アコムは消費者金融、バンクイックは銀行と全く違います

アコムもバンクイックも三菱東京UFJ銀行の取り扱うカードローンと思われているみたいですが、実は全くの別会社が発行するカードローンになります。消費者金融のアコムと三菱東京UFJ銀行は業務提携はしていますが、それぞれでカードローンを取り扱っています。アコムは消費者金融の発行するカードローン、バンクイックは三菱東京UFJ銀行の発行する銀行系カードローンになります。

バンクイックの新規申し込みの際にはアコムからの保証を受ける必要がありますので、それで勘違いされたのかもしれませんね。

アコムはキャッシング(カードローン)を無担保・無保証人で行います。消費者金融のカードローンの殆どが、同じ条件で貸付をおこなっていますので多くの方がご存知のことでしょう。

一方、銀行カードローンは、無担保・無保証人と書かれてはいますが、保証会社が保証人代わりになる必要があります。バンクイックの場合、保証人を付けない代わりにアコムが貴方の保証人になってくれるようなものです。

アコムと菱東京UFJ銀行のバンクイック、繋がっているようで実は全くの別ものなのです。また、貸金業者のカードローンと銀行カードローンになりますので、定められている法律も全く違ってきます。アコムは貸金業法に従って貸付が行われ、バンクイックは銀行法によって貸付が行われるようになります。

最近よく耳にする「総量規制」は、貸金業法の中で定められているものになりますので、バンクイックは対象外となります。

もちろん、発行先が全く違うので、金利面やサービス、返済の仕方なども大きく変わってきます。どちらが良いということはありませんが、お互いの違いをしっかり調べて自分にあった方を選ぶようにしましょう。

金利面では、銀行カードローンのバンクイックの方が圧倒的に有利でしょう。しかし、バンクイックを選んだ場合、アコム+三菱東京UFJ銀行の2つの審査に通る必要がありますので、少しハードルが上がってしまうかもしれません。

業務提携をしていることもあって、貴方の個人情報はお互いの会社で共有されることになりますので、安易な申し込みや利用はしないようにしておきましょう。

アコムとバンクイックの特徴の違いについて

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社で、大手の消費者金融業を行っている会社で馴染みがあり、知名度も高いので利用している方が多いと考えられます。三菱東京UFJ銀行が行っているカードローンのサービスに、バンクイックというものがあり、こちらも知名度が高く人気のあるサービスとなっています。

両者の違いには、バンクイックは銀行が行っているサービスという点があります。貸金業法で定められている総量規制によって、借入れ金額の総額が年収の3分の1以上を超えてはいけないという規則がありますが、この規則は消費者金融業者が行うキャッシングサービスなどにおいては対象となりますが、銀行が行うカードローンサービスには適用されないことになっています。ですので、アコムのキャッシングは総量規制の対象となりますが、バンクイックは対象外ということになり、年収の3分の1以上の借入れも可能ということになります。

両者の特徴の違いには、金利もあります。アコムの金利は年率で4.7%から18%と設定されており、バンクイックの金利は4.6%から14.6%に設定されています。アコムの場合は、提携している銀行やコンビニATMを利用して借り入れや返済を行う場合に手数料を支払って利用することになります。バンクイックは借入れや返済を行う際に、提携している銀行、コンビニATMを使用するときの手数料は無料で利用することができます。アコムの特徴には審査のスピードの速さがあり、申込みを行ってから審査の結果が出るまでが速く、即日融資も可能です。

また、融資の実行率は高いものとなっており、審査の条件も雇用形態に関係なくパートやアルバイト、主婦、学生などでも借り入れることが可能で幅広い方が利用しやすいサービスが行われています。はじめて利用する方であれば、30日間の無利息キャンペーンも行われているので、利用する方のニーズに合わせてどちらのサービスが良いか判断して利用することが良いと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 アコム並に借りやすい会社一覧 l アコムキング All Rights Reserved.