アコムはブラックでも借りれる業者と違う?

キャッシングベスト3

ブラックでも借りれる消費者金融とアコムの違いって?

ブラックでも借りれるということがいつも言われている消費者金融であれば、どういうものがあるんでしょうか。幾つか「ブラックでも借りれる」という単語自体は見たことがあるんですけれども、ブラックでも借りれる消費者金融と銀行系カードローンや有名なアコムなどとはどう違うのでしょうか?大きな違いもなく、どちらを使っても特にかわりはないのでしょうか。

ブラックでも借りれる消費者金融はアコムと大きく違う

今はネットというものがありますから、そこでブラックでも借りれる消費者金融はなにか?質問をしたりするとすぐに答えが返ってくる便利な時代になりました。ブラックでも借りれる消費者金融というのは確かに幾つか存在しますし、日本でそういう業者がない所は地方にもないといえるでしょう。しかしブラックでも借りれる消費者金融とアコムなどの業者は大きな違いがあるのです。

例えばの話ですが、アコムを利用するとブラックでも借りれることはまずないでしょう。利用するのであればアコムのような消費者金融はちゃんとブラックではない状態で借り入れをするしかないでしょう。ブラックで借りられない以外にも違いというのはあります。それは保証金についての違いでしょう。

保証金はアコムの場合金利の中に含まれていて、そこからかわりに支払われます。(こちらもご参考に→アコムの金利や利息を調べた方法はある?)しかしアコム以外の消費者金融でブラックでも借りれるところであればコチラが直接保証金を支払わないといけない時があります。しかもそれがかなりの金額になるのです。10万円借りるだけなのに、数万円の支払いを求められることだってあるのです。

もちろんアコムと違ってあまり有名ではない業者が多いですから、ブラックでも借りれる業者は小さい業者でATMが使えるところがほとんどありません。たまに振込に対応してくれているところもありますが、振込手数料もかなり取られるでしょう。振込ができない場合は直接借り入れを店舗にしにいくしか出来ないでしょう。

このようにかなり面倒な業者が多いですが、ブラックの人にとっては借りられるだけでもありがたいということのようです。違いといえばアコムとはだいぶ違いますよ。

【参考ページ】
アコムとブラックの方々との関連記事はこちら

アコムでブラックでも借りれるかどうかについて

キャッシングカードローンのアコムで、ブラックでも借りれるかどうかというと、そのブラックの状況によります。ブラックとは、ブラックリストに載ることを指します。しかし、実際にブラックリストといわれるリストなど消費者金融業界に名簿が出回っていることはありません。ドラマや漫画の話になります。しかし、ブラックリストは実際にあるわけではなく、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことを揶揄して使われています。

信用情報機関とは、借入申し込みをしたことのある人はクレジットカードなどを作成したことがある人であれば、必ず情報が登録されている期間になります。どのような情報が登録されているかは、本人を特定するための住所や電話番号、勤務先など、それから取引に関する情報、そして金融関連事故などが登録されています。

返済が遅れたりすることがなく普通に返済をしていれば、事故情報が登録されることはありません。事故情報とは、延滞をしたり、借金の返済に困り債務整理をするとその情報が登録されてしまいます。そのため、カードローンを申込みをするとき債務整理の情報が信用情報調査で発覚すると、融資を受けることはできなくなります。アコムに限らず、どのカードローン会社もそうなります。

ただし、この事故情報が登録されている期間ですが5年間で長くても7年間になります。この期間は、申込みをしても断られてしまいますが、期間が経過し情報が消えていればカードローンが借りれる可能性もでてきます。情報が登録されているブラックの状態では借りることができません。

ただし、一度債務整理をしたカードローン会社に、完済した後に再び借り入れの申し込みをしても断られます。ただでさえ迷惑をかけているのに同じ会社で借り入れは難しいです。アコムで申し込みをする場合は、他社で債務整理をしていたとしても、それを完済して情報が消えていればカードローンが借りれれる可能性もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 アコム並に借りやすい会社一覧 l アコムキング All Rights Reserved.